『適応障害』ってどんな病気?症状や原因、治療について

適応障害とは

 『適応障害』は特定の何かにストレスを感じ、その苦痛から社会生活に支障が出てしまう状態をさします。多くの人が生活の中である程度のストレスを経験するものですが、苦痛が著しく、ストレスの原因が明確な場合は適応障害に当てはまります。ストレスによる疾患は多いのですが、他の病気に当てはまる場合はそちらの病気で診断されます。自然に治る人もいる一方で、うつ病などに発展する場合も多いのが特徴です。

 

適応障害の症状

 ストレスに晒された時に起きる代表的な症状として、次のようなものが挙げられます。うつ病と比較すると、ストレスの原因から遠ざかることで症状が改善しやすいのが特徴です。

情緒に関する症状

気分が落ち込む、不安や怒り、焦り、緊張など

身体に関する症状

動悸、汗をかく、不眠、頭痛、腹痛、食欲不振など

行動に関する症状

暴飲暴食、攻撃的な言動、学業・仕事に支障がでる、人との交流を避けるなど

 

適応障害の原因

 お金や騒音といった生活環境や、家族との不和や失恋など人間関係、仕事や学校生活など、適応障害におけるストレスの原因は人によって様々です。結婚や妊娠、育児が原因となる場合もあります。

 

適応障害の治療

 適応障害の治療の目的は、患者さんの症状が改善し、支障なく日常生活を送れるようにすることです。ストレスの原因を除去出来れば効果的ですが、それが難しい場合もあります。認知行動療法に加えて、一部の症状にお薬の使うなど、最適な治療は患者さんの状況や症状によって異なります。また本人や周囲が病気の正しい知識を持つことも重要です。一人で抱え込まず、お近くの医療機関に気軽に相談してみて下さい。